消費者のための安全安心情報サイト

"消費者被害対策"カテゴリーの記事一覧

学習会「成年年齢引き下げで何がかわるの  ~来春から大人になるあなたへ~」開催のご案内 

●学習会「成年年齢引き下げで何がかわるの               ~来春から大人になるあなたへ~」 開催のご案内   2022年4月から、年齢が18歳に達した若者は成人となります。本講座では、 現役大学生の話などをも … 続きを読む


求人詐欺にご注意ください コロナ禍で医療現場での深刻な求人詐欺が増えています。

コロナ禍でインターネット等を使った詐欺が心配されていましたが、コンシューマネット・ジャパンにも情報が寄せられました。ご紹介し、関係機関への注意喚起を要請することにしました。 手口はこのようなものです。 「求人広告会社から … 続きを読む


「コロナ禍での消費者トラブル週末電話相談」Zoom開催(紹介)

「コロナ禍での消費者トラブル週末電話相談」と題して、全国消費生活相談員協会が通常の週末電話相談を拡大し、強化月間として実施中だそうです。  そこに寄せられた相談を踏まえて、一般の消費者の方へ、オンラインで消費者講座を実施 … 続きを読む


高齢化・情報化・コロナ禍(3K)の消費者被害をどう救済するか 開催報告 (紹介)

 消費者庁は、2019年12月から「消費者契約問題など、情勢を踏まえた新たな課題について論議されています。検討会の中では、コロナ禍における結婚式やレジャー施設のキャンセル問題など、情勢を踏まえた新たな課題についても論議さ … 続きを読む


盗まれないよう注意!増加するフィッシング詐欺〜消費者委員会が意見書公開

最近特に、フィッシングメールによる個人情報の詐取による被害が増加しています。CNJにも毎日、Amazonのや楽天を装ったメールが届きます。 例えば、下記のような文言です。 セキュリティチェックの結果、アカウントにセキュリ … 続きを読む


コロナ対応を考える その11〜公正取引委員会、一時的な物流確保やマスクの不当価格や抱き合わせ販売についての見解を発表

2020年4月28日、公正取引委員会は、コロナ対策についての見解を発表しました。 見解では、調達にかかる独禁法上の一時的緩和、マスクなどの高騰や抱き合わせ販売を防ぐための事業者への注意、下請け業者への不当な行為について言 … 続きを読む


第4期消費者基本計画(案)」に関する意見を提出しました

AI/IoT技術、プラットフォーム取引やシェアリングエコノミーなどのデジタルサービスが進展する一方で、都市への一極集中、超高齢化社会の到来など、社会が大きく変化し消費者保護政策も変革を迫られています。基本計画は政策の要と … 続きを読む


払わなくてもダイジョーブ!~増え続ける架空・不当請求~NACSの相談100番にご相談を

2018年11月3、4日(公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)のなんでも110番が東京と大阪で開催されます。 身の回りの架空請求や詐欺被害、相談してみませんか。 詳細はちらし参照


ダイジョーブ?成人年齢18才~ギャンブル法も成立、消費者契約法改正と残された課題への取り組み

成人年齢を18才にすることについては、これまで、CNJでも、2016年から消費者問題として注目してきました。主に未成年者取消権が失われることから、若年者保護をどう図るかを巡って学習会や院内集会が開催されました。 http … 続きを読む


消費者白書「子どもの事故防止」特集に注目!各地で学習会を開催しましょう!

消費者白書が2018年6月12日に閣議決定され、消費者庁が平成30年版を公表しました。テーマは多岐にわたっています。 消費者庁ウェブサイトの「消費者白書等」にはPDF版が掲載されています。 URL:http://www. … 続きを読む


カテゴリー

月別記事