消費者のための安全安心情報サイト

"エネルギー"カテゴリーの記事一覧

2021年 新年のごあいさつ 主役は私たち一人一人の原点へ

2021年、あけましておめでとうございます。年明け早々、緊急事態宣言発令が議論されています。年末年始、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。2020年はコロナ禍による特別な年でしたが、1年間の知見を顧みながら冷静な判断を提 … 続きを読む


エネルギーミックスを考えるウェビナー講演会(紹介)

Webinar2030年エネルギーミックスはどうあるべきか2050年実質排出ゼロを展望して 2020年12月18日 菅総理の2050年脱炭素社会実現の宣言を受けて、2030年エネルギーミックスを再検討するエネルギー基本計 … 続きを読む


12/4 パワーシフト・セミナー「非化石証書取引の課題と提言」 ―表示に関する小売営業指針改訂にあたって―(紹介)

 非化石証書とは、再生可能エネルギー等の「化石燃料でない」発電方法による「CO2排出ゼロ」価値を、電気自体とは切り離して証書として市場流通させるものです。  2018年5月、「非化石価値取引市場」が創設され、FIT電源に … 続きを読む


FoE Japanが処理汚染水についての要請をしています(紹介)

FoE Japanが処理汚染水についての要請をしていますので、ご紹介します。 ▼処理汚染水放出に反対(10月20日朝7:00までに延長) >https://pro.form-mailer.jp/fms/62f8c9972 … 続きを読む


電力市場は公正か?託送料金の違法性を問う訴訟にご支援を!

託送料金上乗せの違法性を問うための訴訟に賛同・支援をお願いします。 託送料金だけでなく、容量市場での落札額の高さが新電力の経営を圧迫するとの危機感が高まっています。これまでの原発推進、賠償事故や廃炉費用の国民負担は本当に … 続きを読む


託送料金の違法を問う訴訟が始まります(プレスリリース)

2020年2月に一般社団法人グリーンコープ共同体臨時社員総会で託送料金の見直しを求める訴訟を提訴することが採択されました。 「賠償負担金」と「廃炉円滑化負担金」が経済産業省令によって託送料金に上乗せされる 違法性に対して … 続きを読む


新電力に打撃!〜1.6兆円の負担は誰が?容量市場の見直しを求めていきましょう 

容量市場は、再生可能エネルギーの普及や電力自由化により、発電所への設備投資が抑制されるなどして将来の供給力が不足することの無いよう、将来(4年後)の供給力を取引するために小売電気事業者からお金を集める制度です。その落札価 … 続きを読む


再エネ、新エネを本気で応援する気があるのか?〜容量市場の不合理を問う(学習会紹介)

2020年10月15日、下記の学習会が開催されます。 私たちの暮らしに不可欠のエネルギー政策や電気料金にも関わる問題です。容量市場、非化石燃料証書、託送料金制度の見直し、エネルギー政策を巡る問題は制度設計の只中にあります … 続きを読む


9月7日に締め切りの電気のパブコメ:「電力の小売営業に関する指針」(改定案)に対する意見を出しましょう

9月7日に締め切りの電気のパブコメ:「電力の小売営業に関する指針」(改定案)に対する意見募集について 「電気料金に公益性の観点から含まれている負担金額の請求書等への内訳明記」について意見を出しませんか? https:// … 続きを読む


竜宮送電計画提言セミナー(8月26日)のお誘い(ウェブセミナー) 再生可能エネルギー(RE)大量導入のための提言ウェブシンポジウムに続く第2弾(紹介)

竜宮送電計画提言セミナー(8月26日)のお誘い(ウェブセミナー) 再生可能エネルギー(RE)大量導入のための提言ウェブシンポジウムに続く第2弾  環境ウォッチTOKYO 竜宮送電計画プロジェクトでは、「竜宮送電計画」(日 … 続きを読む


カテゴリー