消費者のための安全安心情報サイト

第22回 薬害根絶デー 集会のご案内

薬害根絶デーまであと1週間
HPV薬害訴訟の支援をされている実行委員の藤竿さんからのメッセージです。
東京民医連の薬局では、来られる患者さんへミニチラシを渡すプレ宣伝をおこなっています。

また、掲載が9月となりますが、東葛病院だより「東葛の健康」9月1日号の「いのちと人権の現場から」欄に薬害根絶デーの紹介を書きました。その原稿を紹介します。

 8月24日だけ、薬害を考える日ではありません。
 薬害被害者の訴えを全国薬害被害者団体連絡協議会(薬被連)のホームページでご覧ください。
 http://hkr.o.oo7.jp/yakugai/

第22回 薬害根絶デー オンライン集会 にご参加ください
 8月24日(火) 15:00~17:30
 Zoomウェビナー開催 事前申込制
◆申込フォーム (8月17日締切ですが、受付を延長します)
 https://forms.gle/tnw8f7BhjASrpmFz6

——– ここから
「薬害根絶デー」が伝える思い

               藤竿伊知郎(外苑企画商事地域連携室、薬剤師)

 毎年8月24日は、薬害根絶のために行動する日です。私たちも、薬害被害者と一緒になり、薬害被害を語り伝え、防止する活動を20年以上続けてきました。

 1999年8月24日、厚生省(当時)は薬害エイズ事件の反省をふまえ再発防止を決意する「誓いの碑」を庁舎正面に建立しました。薬害エイズ遺族が、「なぜこんな薬害が起こったのかということを明らかにして」「もう二度とこんな悲惨な被害を起こさないで」「薬害エイズのことを世間が忘れないで」という思いで、1996年の和解成立後から厳しい交渉で勝ち取った碑は、慰霊碑と違います。
 翌年からこの日を「薬害根絶デー」とし、薬害被害者団体連絡会(薬被連)は、厚生労働省・文部科学省と薬害防止の交渉を続けています。

 残念なことに、薬害エイズ事件の後も、薬害ヤコブ病・薬害肝炎・薬害イレッサ・HPVワクチンと、国と製薬企業の責任が問われる重大な健康被害は続いています。
 薬害は単なる薬の副作用ではなく、避けることができた被害を大規模に発生させる人災です。イレッサ以降の薬害では、その薬で得られる有効性を上回る有害事象発生を防ぐための適切な情報を、販売企業と国が利用者へ提供しなかったことの責任が争われました。

 新薬が発売されると夢のような効果が宣伝されます。一方で、新しい薬を使う危険性については自己判断を迫られるようになっています。
 私たちは、正確な情報を求めるため、薬害肝炎の教訓として行政を監視する第三者組織を求め実現しました。その活動を注視したいと思います。販売側からの情報があふれています。薬の安全性で気になることがあれば、身近な薬剤師にご相談ください。


薬害根絶の願いをオンラインでつなげよう!!

2021年8月24日(火) 15:00~17:30
 Zoomウェビナーによるオンライン開催
  (スタッフ以外の方は、リモート参加でお願いします)
 参加無料

◆申込フォーム (8月17日締切)
 https://forms.gle/tnw8f7BhjASrpmFz6

  1999年8月24日、厚生省(当時)は薬害エイズを反省し、薬害を繰り返さないことを誓いました。
 しかし、今なおHPVワクチンのように新たな薬害が生まれ、適切な救済を待つ被害者が大勢います。
 「薬害根絶デー」は薬害の根絶と迅速な救済を願い、被害者と市民が訴えていく日です。

 今年は、薬害防止の観点から「新型コロナワクチン問題」「HPVワクチン問題」について検討し、第3者委員会として発足した「医薬品等行政評価・監視委員会」の課題も紹介します。
 薬害被害者の生の声を聞き、私たちの果たすべき役割を考える機会に、あなたもご参加ください。

■ プログラム
 1 主催者挨拶
 2 薬害根絶デーにおける今年の要求事項 薬被連(ビデオレター)  15:05~15:10
 3 「薬害防止の観点から新型コロナワクチンを見る」  15:10~15:50
    ・ 有効性について
    ・ 安全性について
    ・ 自己決定権・同調圧力・不利益な扱い
  コーディネーター 隈本邦彦(薬害オンブズパースン会議、江戸川大学)
  パネリスト    佐藤嗣道(いしずえ サリドマイド福祉センター理事長、東京理科大学)
  パネリスト    水口真寿美(HPVワクチン薬害全国弁護団 共同代表)
 4 休憩  15:55~16:10
 5 HPVワクチン問題  16:10~16:45
   ・裁判の状況と情勢  山西美明(HPVワクチン薬害全国弁護団 共同代表)
   ・被害者の近況
   ・支援組織から報告  江川守利(HPVワクチン東京訴訟支援ネットワーク)
 6 動き始めた「医薬品等行政評価・監視委員会」の課題  佐藤嗣道  16:45~16:50
 7 国会議員からのメッセージ  16:50~17:15
 8 学生企画  17:15~17:25
 9 行動提起  17:25~17:30

● 運営資金のカンパにご協力ください (1口 5000円)
 きらぼし銀行 東新宿支店 普通 4033589
 薬害根絶デー実行委員会 会計中川素充(もとみつ)

● 実行委員募集中
 集会の準備をお手伝いいただける方を求めています。
 これからの実行委員会
  8月17日(火) 16:00~17:30 Zoomミーティング
  8月24日(火・根絶デー当日) 10:00  日比谷図書文化館でリハーサル

薬害根絶デー実行委員会
 〒171-0021 豊島区西池袋1-17-10 エキニア池袋6階
      城北法律事務所内  担当事務局:新庄 聖
お問合せ先yakugaikonzetu@gmail.com


弁護士 和田 壮一郎 
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-17-10 エキニア池袋6階
城北法律事務所
tel: 03-3988-4866(代) fax: 03-3986-9018
E-mail :wada@jyohoku-law.com
事務所HP:http://www.jyohoku-law.com/

カテゴリー

月別記事