消費者のための安全安心情報サイト

求人詐欺にご注意ください コロナ禍で医療現場での深刻な求人詐欺が増えています。

コロナ禍でインターネット等を使った詐欺が心配されていましたが、コンシューマネット・ジャパンにも情報が寄せられました。ご紹介し、関係機関への注意喚起を要請することにしました。

手口はこのようなものです。
「求人広告会社から、インターネットによる求人広告を2、3週間無料で掲載できるサービスを利用しないかとの勧誘の電話があり、契約事項をよく読まずに申込書を送付(契約)したため、3週間経過後に契約期間が自動更新され、高額な掲載料金を請求された。」というような無料求人広告を掲載したら、突然、業者から多額の掲載料金を請求されたというトラブルが増えています。

ハローワークの求人広告を見て、勧誘の電話がかかってくることがほとんどのようです。

請求を受けるまでの経過は概ね以下のとおりです。

  • 業者から「求人サイトに無料掲載しませんか」という営業電話がかかってくる
  • 無料掲載するためには、申込書を記載してもらうが必要があると言われ、申込書を提出する
  • 申込書には、無料期間終了前に解約の申入れをしなければ自動更新となり、掲載料金を請求できるという記載がある
  • 突然、契約の自動更新を理由に、多額の掲載料金が記載された請求書が送付されてくる

このようなトラブルについては、中小企業庁でも注意を促しているようですが、実際には悪質な業者が社名を変えては同じパターンを繰り返しているようです。

勧誘業者からの説明としては、以下の3つのパターンに分かれているようです。

1 無料であるということを強調して、申込書を記載させるパターン

2 業者から自動更新になる前に連絡をするので、そのときに解約の申し入れをすれば有料になることはないという説明を受けて申し込みをしたところ、業者からの解約申入れの連絡が更新日に来る

3 業者から自動更新になる前にアンケート用紙を送付するので、そのときに解約の申し入れをすれば有料になることはないという説明を受けて申し込みをしたところ、業者からアンケートの用紙が送付されず、有料となったパターン

いずれのパターンにおいても、業者は、申込書を根拠に、高額の掲載料金の請求をしてきます。

中小企業の経営者の中には、

  • 契約内容を確認せずに、申込書を記載してしまった自分が悪い
  • 自動更新前に解約申入れをしなかった自分が悪い
  • アンケート用紙の送付を見逃してしまった自分が悪い

などと考えて、支払いをしてしまう人も多くいるようです。

コンシューマネットに被害報告があったのは下記のような事例です。

3月いっぱいで看護師さんが退職されたので、ハローワークに求人依頼したら、その後民間の求人サイトから次々に2〜3週間の無料掲載を誘う電話がかかってきました。若干の危惧は感じてはいましたが、少し焦りの気持ちも手伝って次々と依頼してしまいました。

そのうち、A社から連絡があり、2週間無料掲載その後解約の手続きをすれば有料掲載にはならないとの説明でしたが、無料掲載をやめるための郵便物が解りにくい体裁のものだったようで、確認できませんでした。2週間を過ぎた初日4月23日に電話があり、有料期間に入ったので、1ヶ月分、約24万円を支払うようにとのことでした。4月9日より掲載開始。16日に特定記録郵便という配送記録のみ残る方法で送付されていたようですが、郵便物は必ず目を通すのですが、見逃していた、つまり巧妙に解りにくい体裁をとっていたものと思われました。
納得できないということを伝えると、じゃあ折半ということで半額、つまり12万円で解約手続きしましょうとのこと。4月28日に解約合意書に署名捺印してFAXしてしまいました。その後、色々A社について調べてみたところ下記のHP(注)を見つけました。
私と同じようなに書き込みが多数ありました。払い込みも4月30日1日限り、しかも午前中の指定でした。(引用 以上)
 
同様の会社から複数のサイトへの紹介電話がかかってきているようです。無料と言いながら、解約をしにくくして法外な掲載料を請求する手口です。中小企業庁も被害把握しているようですが、もっと警告をすべきではないでしょうか。マスコミも報道すべきです。コロナ禍での医療機関での人手不足につけ入った悪質な商法と言わざるを得ません。交渉や相手を見ながら半額や数万円に減額しての和解もしているようです。法的知識を持ったアドバイザーが関与しているようです。
各地での被害が拡大する前に関係機関への申し入れを行い、注意喚起を呼びかけていきます。
 
 
 
 
https://www.jpnumber.com/numberinfo_03_5937_6332.html)
 

 

カテゴリー

月別記事