消費者のための安全安心情報サイト

12/4 パワーシフト・セミナー「非化石証書取引の課題と提言」 ―表示に関する小売営業指針改訂にあたって―(紹介)

 非化石証書とは、再生可能エネルギー等の「化石燃料でない」発電方法による「CO2排出ゼロ」価値を、電気自体とは切り離して証書として市場流通させるものです。

 2018年5月、「非化石価値取引市場」が創設され、FIT電源に由来する非化石証書(FIT非化石証書)の取引が開始された。さらに2020年度より、大型水力や原子力等も含め全ての「非化石電源」が対象となり、11月以降「非FIT非化石証書」の取引が開始されました。

 「非化石価値取引」についてはパワーシフト・キャンペーンとしては、下記のような課題があると考え、制度の見直しを求めていきます。

(1)原発や廃プラスチックも「非化石価値」として証書化されている

(2)既存大型水力の非化石証書は大手電力会社の収入となるだけで再エネ拡大につながらない

(3)電気自体と環境価値を分離する非化石証書制度では再エネの拡大につながらない

(4)改めて電源構成の開示を義務化し、本来の電源を重視すべき

(5)非化石価値証書はすべてをトラッキングし、種類を含めた表示を義務化すべき

本セミナーでは、現状の非化石価値取引の概要と課題を確認し、議論を行います。

 

日時: 2020年12月4日(金)14:00~16:00

場所: オンライン(zoom) *無料

プログラム: 

1.非化石証書制度の概要と課題 
 石田雅也さん(自然エネルギー財団 シニアマネージャー)

2.再エネ電力会社の立場から
 高橋怜一さん(地球クラブ 事業部)
 三宅成也さん(みんな電力 専務取締役事業本部長

3.パワーシフト・キャンペーンとしての見解と提言
 吉田明子(パワーシフト・キャンペーン事務局/FoE Japan)

4.質疑応答・ディスカッション

 

申込み:  URL

主催: パワーシフト・キャンペーン運営委員会

 

カテゴリー