消費者のための安全安心情報サイト

預託法改正シンポジウムのお知らせ(オンライン)

  • 預託法の改正に向けた全国オンライン学習会

~二度と販売預託商法による被害者を出さないために〜 

今年9月、「ジャパンライフ」の元会⻑らが詐欺容疑で逮捕されました。「ジャパンライフ」の販売預託商法 

(オーナー商法)による被害総額は、2000億円にも上るとされており、多くの消費者の財産が失われました。豊田商事事件以来、法を巧みにすり抜け、35年にもわたって繰り返されてきた販売預託商法(オーナー商法)による被害者を、もう二度と出さないためにも、預託法の改正の実現に向けた学習会を、消費者庁の検討委員会メンバー有志にて企画いたしました。消費者庁は今後、販売預託商法を「原則禁止」とすることを提言した検討委員会の報告書を受け、改正預託法案を国会に提出していきますが、国会での成立を後押しするためには、全国の消費者・世論の後押しが必要です。 

是非とも、本学習会を通じて、販売預託商法による被害実態や、法改正の必要性について、できるだけ多くの方に知っていただきたいと思いますので、知り合いの方もお誘いのうえ、ご参加ください 。

 

開催日時:20201121日(土)午後1時〜3時 

開催場所:Zoomを使ったオンライン会議 

定員:300名 

お申込方法:以下のURL、

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfJzm9nhNEFnnSxaAVv0KZXrPDXaFqtSHPVaNuHUmlHC9IZlA/viewform

からお申し込みください。 

お申し込みいただいた方に、オンライン会議のURLを、開催日3日前を目処にお送りします。 

 

発起人:消費者庁「特定商取引法及び預託法の制度の在り方に関する検討委員会」委員有志 

お問合せ:NACS副会⻑永沢裕美子yumiko.nagasawa59@gmail.com 

 

カテゴリー