消費者のための安全安心情報サイト

●シンポジウム太陽光発電協会と京都大学による共催シンポジウム(紹介)

太陽光発電協会と京都大学による共催シンポジウム
●日時
2019年3月20日(水)9:30〜17:50
●場所
京都大学吉田キャンパス本部構内 国際科学イノベーション棟 5Fシンポジウムホール
https://www.saci.kyoto-u.ac.jp/innovation/
【注】2日目の会場と異なりますのでご注意下さい。
●参加費
入場無料
(情報交換会参加の場合は、参加費3,000円を当日、受付にてお支払いください。)
●参加登録
ttps://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=nbsi-lcpasd-19432dbae23bc4b0a8860a67f5ae73af
●定員
270名
●シンポジウム特設ホームページ
http://www.econ.kyoto-u.ac.jp/renewable_energy/event/sympo2018-2
●主催
京都大学大学院 経済学研究科 再生可能エネルギー経済学講座
一般社団法人太陽光発電協会(発電事業者連絡会、電力ビジネス研究会)
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

プログラム:
【開会挨拶】
09:30~09:40 一般社団法人太陽光発電協会
09:40~09:45 京都大学 経済学研究科 共同研究講座特任教授 山家 公雄

第一部【太陽光発電事業者フォーラム】
~主力電源化に向けたこれからの太陽光発電事業モデル~
・Post FITに向けた新たな事業への挑戦 ~大規模自家消費モデルの可能性~
09:45~10:05 自家消費モデルの可能性(調整中)
10:05~10:25 第3者所有モデル・VPPの可能性(調整中)
10:25~11:00 地域との共生への挑戦 ~一ノ関での大規模ソーラーシェアリングで地域との協力プロジェクト~ リニューアブル・ジャパン株式会社
11:00~11:30 設計施工運用管理のベストプラクティス 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
11:30~12:00 グリッドコード導入による再エネ導入拡大について 東京大学 生産技術研究所 特任研究員 斉藤 哲夫

【休憩】12:00~13:00

第二部【京都大学再生可能エネルギー経済学講座:最新の海外エネルギー-情勢と再エネ普及動向】
~「市場・系統運営」および「新たなる太陽光モデル」~
・開会挨拶    13:00~13:05
京都大学 経済学研究科 共同研究講座特任教授 加藤 修一
13:05~13:50 機能するテキサスのEnergy Only Market:経済性と信頼性の両立 オースチンエナジーの太陽光料金システム 京都大学 経済学研究科 共同研究講座特任教授 山家 公雄

13:50~14:40 アメリカの電力取引と系統運用 日本の太陽光発電に係る特徴と課題 京都大学 経済学研究科 共同研究講座特任教授 内藤 克彦

【休憩】14:40~14:50

14:50~15:20 気候変動の影響を受ける発電事業(欧米を例に) 京都大学 経済学研究科 共同研究講座特任教授 加藤 修一
15:20~16:00 欧州電力システムを巡る最新動向 京都大学 経済学研究科 共同研究講座特任教授 安田 陽
16:00~16:30 欧州に見るVPP事業の動向 京都大学 経済学研究科 共同研究講座特定助教 中山 琢夫

【休憩】16:30~16:40

第三部【パネルディスカッション】
16:40~17:40 太陽光発電の主力電源化:新たなる事業モデルを目指して
司会・進行 京都大学 経済学研究科 共同研究講座特定助教 中山 琢夫
モデレーター 一般社団法人太陽光発電協会 事務局長 増川 武昭
パネリスト
京都大学 経済学研究科 共同研究講座特任教授 山家 公雄、内藤 克彦、安田 陽
太陽光発電協会 川島 悟一
自然電力株式会社 電力小売事業部 マネージャー
太陽光発電協会より1名(調整中)

【閉会挨拶】
17:40~17:50京都大学 経済学研究科 教授 諸冨 徹

【情報交換会】
  18:00~20:00(有料)

プログラムに関しては、変更になる場合がございます。

カテゴリー