消費者のための安全安心情報サイト

8月5日、千葉市と横浜市でHPVワクチン被害についての学習会がひらかれます

 

各地で、HPVワクチンによる被害者を支援する動きが活発に行われています。

直近のご案内ですが、2018年8月5日(日)に千葉市で学習会が開催されます。ぜひご参加ください。

「子どもの病気とワクチン」

8月5日(日)13時30分~16時
講師 佐藤荘太郎さん

場所 千葉市生涯学習センター 3階大研修室

以下、主催のかたからのご案内です。

現在、全国で4カ所の裁判所でHPV(子宮頸がん)ワクチンの被害者125人が声を上げ、裁判を行っています。
すでに長い人で7年以上、ワクチンの副作用に苦しんでいます。
小6~高1までの女子を対象に始まった子宮頸がんを予防できる夢のようなワクチン、という触れ込みで接種が呼びかけられました。
その多くが、自治体から接種するようにときたお知らせで、信じて打ちました。

その後に襲ってきた副作用は痛みや学習障害、記憶障害等30~40種類の様々な症状です。
日によって出方が違う等、一定でないのもこのワクチン特有のものかもしれません。
ワクチンかもしれない、と分かったのも、何年もたってから。

いまだに、なぜこんなに疲れやすいのだろう、とか突然気を失う、など腑に落ちない症状を抱えている人に出会います。
聞けば、ワクチンを打ってからとか。

深刻な症状で、高校へも通えなくなったりと、本当だったら楽しい学生生活を送れた健康な女子が寝たきりや車いすの生活を送っています。

是非、ご本人からどんなことが起こったか、聞いてください。

被害者たちは皆さんとつながり、これ以上被害者が出ないことを願っています。
そして、国とワクチンメーカーにこの深刻な副作用が起こったことを認めるように求めています。


HPV薬害訴訟支援の動きと裁判傍聴、学習会のおしらせ

  1. 8月8日(水)裁判期日
  2. 12時30分~13時30分:有楽町マリオン前街頭宣伝→台風のため中止となりました。

14時10分~:東京地裁正門前(霞が関)リレートーク

14時30分:傍聴券抽選〆切

15時~:口頭弁論期日(東京地裁103号法廷)*法定外企画及び報告集会(弁護士会館)

地方での学習会

神奈川県での学習会

横浜エイズフォーラムー神奈川の被害者と学習会

2018年8月5日(日)13時~15時

会場:かながわ県民センター303(横浜駅西口徒歩5分)

静岡県での学習会

2018年9月9日(日)

静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」

江戸川大学学園祭

千葉県流山(2018年11月3日)原告と学生の交流:13時~15時(予定)

薬害根絶デー

8月24日厚生労働省前リレートーク&碑の前行動

8月23日街頭宣伝&前夜集会(文京区民センター)

現在東京原告の約60名の方は一人ひとり症状の違い、ひとりが今までに通った病院は30~40もあり、カルテ調査などの膨大です。支援者には、若者、特に学生の参加が少ないことも残念です。8月8日の法廷外企画では弁護団各班(有効性・危険性・法的責任・サポート)からの報告がありますので、傍聴とともに、多くの方の参加を呼びかけいたします。

引き続き、各地の学習会の案内をお知らせしていきます。東京以外の地域での情報掲載等ご希望の方、ぜひ情報をお寄せください。

(古賀 真子)

 

 

カテゴリー