消費者のための安全安心情報サイト

ハガキ請求は詐欺!架空請求は無視を~自然災害に乗じた詐欺は緊急人災 架空請求対策パッケージの利用を!

このたびの西日本を中心とする水害等による被害の方々に心からお見舞い申し上げます。

架空請求対策パッケージ【概要】①
詳細は下記リンクの消費者庁ウェブサイトをご覧ください。

2018年7月22日、総理大臣官邸で「平成30年7月豪雨非常災害対策本部会議(第11回)」が開催されました。会議では、被災地の深刻な状況が報告され、予備費や災害復旧のための予算があわせて4000億円の財源があるとされ、被災者生活支援チームが中心となり、関係省庁が協力して被災者の生活再建、生業の復興に向けた対策パッケージの取りまとめが指示されました。

また、被災者の方々の生活再建に向けて、今後様々な消費者トラブルの発生も予想されることから、専用の消費者相談ダイヤルが設けられました。被災自治体や被災者の皆さんに十分な周知を図ってください。

「架空請求対策パッケージ」(消費者庁)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/caution/caution_016/pdf/caution_016_180722_0002.pdf

「架空請求対策パッケージ【概要】①・②」(消費者庁)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/caution/caution_016/pdf/caution_016_180722_0001.pdf

「架空請求に関する相談の状況」(消費者庁)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/caution/caution_016/pdf/caution_016_180722_0003.pdf

被災地に限られませんが、いま、ハガキで、公的機関を装った振り込め詐欺が多発しています。被災地でも、被災者を狙った悪質な架空請求事案が発生したとの報告があったことから、消費者保護対策としてこれまで進められてきた架空請求事案対策の検討を前倒しし、架空請求対策パッケージが決定されました。全閣僚及び公正取引委員会委員長を委員とする消費者政策会議(持ち回り開催)において決定されたものです。

http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/caution/caution_016/pdf/caution_016_180722_0002.pdf

消費者庁には、被災者の方々の生活再建に向けて、今後様々な消費者トラブルの発生も予想されることから、専用の消費者相談ダイヤルが設けられました。

0120-7934-48(なくそうよしんぱい)

実際、被災地でも、被災者を狙った悪質な架空請求事案が発生しています。局番なしの 188

でも、「830箇所の消費生活センター、国民生活センター等に勤務する専門知識を持った全国3400人の消費生活相談員が親身になって助言してくれます。

仮に、連絡した後でも、支払ってしまった後でも、ひとりで悩まず、相談しましょう。泣き寝入りしないことは、被害を最小限にとどめることにつながります。ほかに被害を広がらないためにも必要です。

ぜひ、被災自治体や被災者の皆さんに十分な周知を図ってください.

(参考)

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201807/22kaigi.html

(古賀 真子)

カテゴリー