消費者のための安全安心情報サイト

予防接種ネット・de・講座 その39 新年度がはじまりました~ワクチントーク全国集会はじめ予防接種の学習会のご案内

新年度が始まりました。新たに保育園や幼稚園、小学校に入学したお子さんをもたれる保護者の方は、期待と不安の入り混じった日々を過ごされているのではないでしょうか。

最近、予防接種の学習会に招かれてお話をさせていただく機会が増えていますが、特に予防接種の種類や数が増えたことに驚き不安をもっている保護者や祖父母の方から、ご相談を受けることがあります。

以前、お知らせしました、ワクチントーク2018集会が5月20日に、東京、神保町の日本教育会館で開催されます。

2018 ワクチントーク全国集会のサムネイル

画像をクリックするとちらし(PDF 699KB)が開きます。

また、5月27日には練馬区での予防接種講演があります。

20180527ワクチン学習会チラシのサムネイル

画像をクリックするとちらし(PDF 391KB)が開きます。

5月13日には北海道ワクチントーク集会もあります。

2018北海道集会5月ちらしのサムネイル

画像をクリックするとちらし(PDF 405KB)が開きます。

接種が増加するなか、ここ数年、問題となっている子宮頸がんワクチンや同時接種後死亡問題の解決のめどはついていません。

学習会等を通して、予防接種の最新情報を共有できればと思います。多くのみなさまのご参加をお待ちしています。

(古賀 真子)

(参考)

予防接種はこんなに増えた

感染症情報センターの予防接種スケジュール表は2016年10月1日から更新されておらず、いまだにB肝炎ワクチンが「任意接種」となっています。

いま、子どもから高齢者まで予防接種の機会は増加しています。

  • 生後1年間

定期接種だけ13回、ワクチンの種類では8種、最近増えている任意接種のロタワクチン(経口接種)も含めると15回から16回もちゃんワクチンを投与。

  • 1から才までの間

 定期接種の回数MRなど7、3才からは日本脳炎など4 回。毎年インフルエンザワクチン接種をしている子もい

  • 小児

 MRの推進。水痘ワクチン定期接種化。就学時の接種歴チェックが強化されている。

DTワクチンをDPTにする議論がすすめられている。北海道で病気がないのに日本脳炎ワクチンが定期接種化された。日本脳炎の補充接種。

  • 成人

 妊婦や配偶者への風しんワクチンが勧められている。インフルエンザワクチンが勧められている。

  • 高齢者

インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンが定期接種(B類型)となっている。帯状疱疹ワクチン(水痘ワクチン)や小児用肺炎球菌ワクチンを高齢者用に転用し定期接種化する議論がすすめられている。

こうした状況は、突然病気が増えたのではなく、この10年で新しいワクチンが多く作られたらといえます。

予防接種、この10年のできごと

l麻しん風しん混合ワクチン(MR)導入。(2006年~)

lしんブースター効果低下と2度感染を防ぐために2回接種。

lしん流行の緊急提言をうけ、2回接種を導入。

  2013年「妊婦を守るために周りも接種を」キャンペーン。

MRワクチン接種率の向上

lポリオを不活化ワクチンへ切り替え、三種混合DPTワクチン(ジフテリア、百日せき、破傷風)と一緒に4価とし、他ワクチンとの同時接種。2015からDPT生産を中止。4種混合のみに。

l2007ADEMにより中止後、組織培養型日本脳炎ワクチンへの変更。2015年からは病気のない北海道でも定期接種(年間11憶円)

混合ワクチン増加の背景は国策(国産振興と外圧)

新(外資系)ワクチン導入との関係

新ワクチンの公費助成が世界的2007年に開始

日本では2008年から推進。導入のために各方面で強力な動き (子宮頸がん征圧をめざす専門家会議ほか)

2010年からの大規模公費助成、201343ワクチンを定期接種化(年少扶養控除等の見直し800億円追加負担)

同時接種で死亡多発するも、実施要領(通知)で医師の裁量による同時接種を認める。(乳児突然死症候群の結果は?混合接種と同時接種は安全か?

201341 3ワクチンが定期接種(2か月半で子宮頸がんワクチンは積極的勧奨中止

2014101日から水痘ワクチン定期接種

2016101日よりB型肝炎ワクチン定期接種

定期接種化の議論(ロタ、おたふくかぜ(MMR)成人水痘、肺炎球菌ワクチン小児用を高齢者に、DTDPTへ、RSetc

では、何が起きているのか?~保護者の「利便性」を強調して、医師の裁量で行われているのが「同時接種」です

シンプルに説明すると、ワクチンは軽く病気にかからせて、抗体をつくり、本物の病気にかからないように、またかかっても軽症ですむためにするものです。1つのワクチンを打ったら最低28日は空けるのが原則です。自然界では複数の病気に同時にかかることはありませんね。なぜワクチンではそれが行われるのか?

同時接種後死亡は数年以上前から、問題とされてきました。今回、一連の学習会を通して、増えたワクチンを徹底的に検証してみたいと思います。

カテゴリー