消費者のための安全安心情報サイト

日本だけではない世界のHPVワクチン被害の現状~国際シンポジウム「世界のHPVワクチン被害は今」にご参加を!

180324HPV国際シンポのサムネイル

画像をクリックするとPDF(3MB)が開きます。

国際シンポジウム「世界のHPVワクチン被害は今」

HPVワクチン(「子宮頸がんワクチン」)によって深刻な被害が発生し、社会問題化しているのは日本だけではありません。

ハンマ-で殴られるような激しい頭痛、関節や全身の痛み、不随意運動、脱力、視覚障害、睡眠障害、記憶障害や学習障害など、接種後に、多様な副反応症状が生じています。

進学や就職の夢をあきらめなければならなくなった被害者も少なくありません。

日本では2009年にサーバリックス、2011年にガーダシルが承認され、20178月末までに、約340万人が接種し、副反応疑い報告が3130件、その半分以上が重篤です。

重篤副反応報告の頻度は他の定期接種ワクチンと比較して 圧倒的に高くなっています。

イギリス、アイルランド、スペイン、コロンビアからの報告を受け、問題の本質や被害救済について議論します。

ぜひご参加ください。

<プログラム>

■第1部 各国からの報告

  • HPVワクチンの基本的問題点と日本の現状  水口真寿美
    薬害オンブズパースン会議事務局長、HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団代表
  • コロンビアからの報告  Monica Leon Del Rio
    “Rebuilding Hope Association HPV Vaccine Victims”代表、集団訴訟代理人弁護士
  • スペインからの報告   Alicia Capilla
    “Association of Affected People due to the HPV vaccines in Spain”(AAVP)代表
  • イギリスからの報告   Mandeep Badial
    “UK Association of HPV Vaccine Injured Daughter”(AHVID)科学部門担当
  • アイルランドからの報告 Anna Cannon
    “Reactions and Effects of Gardasil Resulting in Extreme Trauma”(REGRET)広報担当

(※海外からの報告者は、いずれの方も被害者の母です)

■第2部 パネルディスカッション

  • パネリスト    第1部報告者ほか
  • コーディネーター 隈本邦彦ほか(薬害オンブズパースン会議メンバー)

日時:2018324日(土)13:3017:3013:00開場)

会場:東京大学本郷キャンパス 武田先端知ビル 5F 武田ホール

同時通訳付・事前申込不要・資料代500

主催:薬害オンブズパースン会議

問合せ先:薬害オンブズパースン会議事務局  TEL 03-3350-0607
http://www.yakugai.gr.jp

詳細は下記
http://www.yakugai.gr.jp/topics/topic.php?id=946


■ 子宮頸がんワクチンを考える 公開学習会

子宮頸がんワクチン問題や薬害訴訟について学生が中心になって学ぶ会を開きます。

前半を学習会、その後ワークショップ形式の交流会を予定しています。

日時:2018421() 15時~17時半

場所:中央大学駿河台記念館 360教室(JR御茶ノ水駅 徒歩3分)

参加費:無料

主催:薬害根絶デー学生実行委員

共催:HPVワクチン東京訴訟支援ネットワーク

◆ 参加登録はこちらから ⇒ https://goo.gl/forms/j7dUqHYZsLS3ChHp1

カテゴリー