消費者のための安全安心情報サイト

「自動走行の民事上責任及び社会受容性に関する研究」シンポジウム

シンポジウムのご案内 「自動走行の民事上の責任及び社会受容性に関する研究」のサムネイル

画像をクリックするとPDF(856KB)が開きます。

国内外で自動走行技術の開発が進み、平成 29 年度には日本各地で自動走行の実証実験が行われました。
自動走行技術が、過疎地におけるスムーズな移動や効率的な物品運送等の実現が人びとの生活を支えることが期待されています。
しかし、新しい技術を用いたサービスの導入には、法規制を始め多くの課題があります。
本シンポジウムは、 この自動走行によるモビリティサース実現向けた取組と課題を紹介し、市民・事業者・行政が共に考える機会として開催致します。万一の事故の場合の関係者の責任等、法的な課題を含め、解決と社会受容性の向上にむけての議論の促進を目指します。

2018 年 3月5日(月)13:00~17:30 13:00~17:30 (開場時間 12 :30 )

御茶ノ水 ソラシティカンファレスセンター ソラシティホール

300 名(先着順)

カテゴリー