消費者のための安全安心情報サイト

再掲 ご案内 ワクチントーク全国集会2016 7月10日にご参加を!

ちらし(PDF 553KB )

ちらし(PDF 553KB )

いよいよ、7月10日が迫ってきました。年に1度の集会です。皆さまのご参加をお待ちしています。

ワクチンの公費接種で「子どもを守ろう」との流れのなかで、乳児期のワクチンの同時接種後の死亡の報告がでていますが、原因の特定はさらに難しくなっています。

2016年4月から北海道で日本脳炎ワクチンの定期接種が、10月からは乳児へのB型肝炎ワクチンも定期接種になります。腸重積副作用が多く出ているロタワクチンの定期接種化の議論も進められています。子宮頸がんワクチン禍裁判もいよいよはじまります。

予防接種をどう考え、私たちの健康をまもるためにどうしたらよいのかを一緒に考えていきましょう。

日時:2016年 7月10日(日) 13:30~16:30

場所:日本教育会館 7階 707会議室
東京都千代田区一ツ橋2−6−2(Googleマップ

資料代:1000円(予約不要。保育はありませんが、お子さま連れ歓迎です)

第1部 基調講演

医師 本間真二郎さん「診療の現場からワクチンを考える」

小児科医。基幹病院勤務を経て、2001年アメリカ国立衛生研究所(NIH)に留学。専
門はウイルス学・ワクチン学で主にノロウイルス、ロタウイルスを研究。市の診療所
で、地域に密着した診療をしながら、自然派医療を提言・実践。

予防接種最新情報・問題提起のリレートーク

  1. B型肝炎ワクチン 乳児へのユニバーサル化の問題点(母里啓子さん)
  2. ワクチンと発達障害激増問題を考える(臼田篤伸さん)
  3. ワクチンの有効性への疑問と、認識されない深刻な副反応被害(佐藤荘太郎さん)
  4. ワクチン禍裁判のこれまでとこれから(古賀真子さん)
  5. 副作用被害救済のありかた(栗原敦さん)
第2部 徹底討論 どうする予防接種 ワクチンをどう選択しますか?

報告

  1. 日本脳炎ワクチン、北海道で定期接種化問題(ワクチントーク北海道 荻原敏子さん)
  2. 学校現場からの報告~子宮頸がんワクチン被害(養護教員)

質疑応答

連絡先:ワクチントーク全国 青野(03-3777-1946)


予防接種なんでもプライベート・コメント引き続き募集中!!

ワクチントーク全国は、インフルエンザワクチンの接種率が下がり、急遽導入されたMMRワクチンの問題が明らかになってきた1980年8月の大阪集会をもって結成されました。毎年集会を開き、全てのワクチンについて担当官庁等への運動を行ってきました。予防接種問題についての情報交換を行い、会報や書籍の出版、ホームページでの情報提供や、副作用被害者の訴訟支援や審査請求の支援も行ってきました。

ワクチントーク全国集会では、みなさんからの被害の報告や質問を事前にお聞きして、集会の場で意見交換をし、今後の運動につなげていきたいと考えています。

*当日参加されない方も、予防接種についてのご意見やご質問を下記フォーム、メールまたはFaxでお寄せ下さい。形式は自由です。

送り先:下記フォーム、Fax:03-5539-4451、 メール:info@consumernet.jp

プライベート・コメント、ご意見、ご質問受付フォーム
お名前 [任意]
メールアドレス [任意]
プライベート・コメント、ご意見、ご質問 [必須]


カテゴリー