消費者のための安全安心情報サイト

2015.7.4 新PL学の確立を目指す、PL研究学会公開イベントのご案内

1995年7月1日、製造物責任法(PL法)が日本で初めての消費者保護のための具体的な法律としてが施行されました。

それから20年、当時とは社会環境が大きく変わり、様々な場面で不具合が生じています。それらを研究する学会は今までありませんでしたが、「Product Liability 」を専門に研究する学会である、一般社団法人PL研究学会(PL研究学会:大羽宏一会長)が誕生しました。すでに、各地でPLシンポジウムを開催されています。

わが国では、すでにリスクマネジメント分野に関しては大学や研究所において多数の研究がされていますが、「製品の安全」を中心的テーマに掲 げる研究者集団は多くないとされています。
PL研究学会は、この製品の安全について世界のモデルとなるような社会 を構築することを目的とし、製品の安全に関しての、あるべき事業者の経営姿勢、事故の抑止策 の科学的検証方法、事故の被害者救済策の合理的制度組み、施行後20年を経た製造物責任法の改善提案、事故が生じた製品のリコールの対処方策、安全でない製品の市場からの排斥策、消費者に対する利用方法の望ましい伝達などに取り組んでいくということです。単に製造物責任法の法文解釈や判例評釈のみを研究する学会にとどまらず、多様なステークホルダーが協力して研究し、国や地方自治体などの゙意見を聞き、消費者からの゙批 判も反映させるとされています。

2015年7月4日に一般社団法人PL研究学会として第一回の定時総会を開催されます。PL法のこれからと消費者保護を考えるうえで有益な学習会です。第2部が一般に公開されています。ぜひご参加ください。

活動内容

http://aplics.org/index.php?katsudou

*2015年7月31日には法律体系研究部会が、同8月7日には消費者対応研究部会が予定されています。

http://aplics.org/

 

一般社団法人PL研究学会 第1回定時総会・公開イベント

開催日  平成27年7月4日(土)
開催時間 午後1時〜午後7時(情報交換会を含む)
開催場所 千葉工業大学津田沼キャンパス6号館2階625教室(JR総武線津田沼駅前)

【プログラム】

【第一部 定時会員総会(設立総会)】 13:00~14:00 ※会員のみ参加(無料)


【第二部 公開イベント:PL法施行20年を考える】14:00〜17:00
一般の方も参加できます。※一般の方は資料代としてお一人様1,000円受付でお支払いください。
《総合司会》 副会長 小林 誠
1.研究部会報告 (14:00~14:30)
・法律体系研究部会長  細川幸一(日本女子大家政学部教授)
・消費者対応研究部会長 大羽宏一(大分大学名誉教授)

2.特別報告 (14:30~15:30)
理事・製品リコール研究部会長 越山健彦(千葉工大教授)
(テーマ)(仮)「リコール対策の課題と解決策」

3.パネルディスカッション (15:30~16:55)
コーディネーター   会長    大羽宏一
パネリスト      理事(候補)細川幸一
パネリスト      理事    越山健彦
パネリスト      副会長   渡辺吉明

閉会挨拶(16:55)    副会長 長谷川博彰
終了17:00


情報交換会(別館ラウンジ)定員40名 ※お一人様3,000円   (17:10~19:00)
情報交換会の進行などは決定次第ホームページで公表します。

お申し込みはこちらから>>> http://goo.gl/forms/GmSo7vGgnD

カテゴリー