消費者のための安全安心情報サイト

オンライン署名 「わかりやすい電気の“原材料”表示を求める署名」 消費者への電源構成開示などを求めて~のご紹介

原発を使わない毎日を当たり前にするために、いますぐ署名をお願いします!

国際環境NGOグリーンピースジャパンが、「わかりやすい電気の“原材料”表示を求める署名」を 5 月 21 日より始めました。

2016年4月から電力自由化が始まり、一般家庭でも地域に関係なく電力会社を選べるようになります。本署名では、消費者が電力会社を選ぶために必要な情報として、従来の電気料金や電力使用量に加え、電気の“原材料表示”とも言える発電方法を表す「電源構成」などを、全ての電力会社が分かりやすく表示するよう経済産業省、消費者庁及び電力会社等に求めるものです。電力システム改革小委員会の制度設計ワーキンググループの議論が再開される夏を視野に入れ、6月末まで実施するそうです。

具体的には、火力、原子力、自然エネルギーなど、各電力会社の発電方法の内訳を示す「電源構成」、発電に伴う「二酸化炭素排出量」及び「放射性廃棄物量」の3点について、消費者の目に届きやすい電気料金の請求書、広告、契約書などに、全電力会社が統一されたルールのもと、分かりやすい表示が義務化されることを求めています。署名はグリーンピースのウェブサイト

http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/press/2015/pr20150521/

で実施し、提出先は経済産業省、資源エネルギー庁、消費者庁、消費者委員会、10電力会社ならびに新電力です。ソーシャルメディアなどで広く署名への参加を呼びかけると同時に、電力自由化に伴う電力会社選択の自由についても情報を発信し、消費者の選択によって、原発や二酸化炭素の排出を伴う石炭火力発電などから自然エネルギーへの転換が実現するよう後押しをしていきます。

多くのみなさまのご協力をお願いいたします。以下呼び掛け文

こんにちは。グリーンピース・ジャパンです。  今日は、環境問題に関心の高いみなさんに、大切なお願いがあります。ぜひ最後まで読んでください。原発を使う電力会社から乗り換え、おうちを原発フリーにできる「電力自由化」のスタートは、いよいよ来年4月。  でも、各社の電気が、原子力や火力、自然エネルギーなど、どんな”原材料”でつくられた電気なのかを示す情報は、わたしたちの手に届く場所にはありません。このままでは、せっかく電力会社を選べるようになっても、どれが本当に原発フリーの電力会社なのか判断できません。「原発フリーの電力なのか、はっきり教えて!」そこでグリーンピース・ジャパンは、「電気の発電方法をきちんと教えて!」という消費者の声を政府と電力会社に届けるため、オンライン署名をはじめます。

ドイツでは、電気の領収書には必ず下の図のような円グラフがあり、どうやって発電しているかわかりやすく消費者に伝えることが義務になっています。この署名が求めるのは、日本でも同じようにわかりやすい表示を当たり前にすることです。

必ず電気の”原材料”を表示するルールがあれば、原発や、環境に悪影響のある発電をしている電力会社でも、消費者にはっきりと伝えるようになり、わたしたちはその情報をもとに、電力会社を選べますよね。

いま、政府が電力自由化に向けて具体策を話し合っています。でも、本来なら消費者にきちんと情報を提供する仕組みをつくるべきなのに、政府の話し合いの場で消費者の声が反映されているとはいえません。わたしたちが働きかけないと、消費者にとって必要な情報がわかりやすく提供されないままになってしまうかもしれません。

おうちの電力を脱原発できる絶好の機会がやってくるのに、このままではきちんと原発フリーの電力を選ぶことができなくなってしまいます。

「原発フリーの毎日のために、あなたの声が必要です。」

政府の話し合いが始まる前に署名を提出するため、締め切りは6月10日。残された時間は多くありません。  脱原発を望む、ひとりでも多くの方の署名が必要です。署名に参加して声を届けましょう。

国際環境NGO グリーンピース・ジャパン Greenpeace Japan(http://www.greenpeace.org/japan/)

プレスリリース: http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/press/

カテゴリー