消費者のための安全安心情報サイト

学習会のご案内 「電源表示問題について~制度設計の状況を知る~」

電力システム改革の中で家庭用小売料金の自由化が2016 年春(未定)にも実施されます。

現在、政府内で、それに係わる様々な制度設計が急ピッチで検討されており、その一つとして「発電源の表示」についても山場を迎えつつあります。

国民・消費者から見たとき、「表示」こそ“電力システム改革のキモ”と言えるものです。

政府審議会の資料を見る範囲では、家庭用電気料金が自由化になっても、私たちが電力会社や電源を選ぶための情報を十分に得られない恐れがあります。消費者団体として、この点については動向をしっかりとフォローし、必要な意見を述べ、働きかけを行っていく必要があります。

この問題について、消費者団体内で目線合わせを行う機会として学習会を開催します。政府の制度設計ワーキンググループに委員として参加している辰巳さんと、この問題に詳しい船津さんから現在の情勢と主張ポイントについて伺い、質疑で深めていきます。

連休直前ではありますが、皆様ふるってご参加ください。

日 時 2015年4月27日(月)18:00~19:30

会 場 主婦会館プラザエフ 5階第2会議室

内 容

  • 「電源表示」に関する情勢と消費者団体が主張するべきポイントについて(仮)
    船津寛和さん(コンシューマネット・ジャパン)
  • 制度設計WGでの検討状況について(仮)
    辰巳菊子さん(電力システム改革小委員会 制度設計WG 委員)
    (日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会 常任顧問)
  • 質疑応答

カテゴリー