消費者のための安全安心情報サイト

"電力システム改革"カテゴリーの記事一覧

どうなる?電気料金 2~電気経過措置料金は2020年4月以後も継続

2019年4月23日の電力・ガス取引監視等委員会の最終会議で経過措置存続ということで報告書がまとまりました。監視等委員会の親委員会でもこの結果が認められたようです。4月24日には基本政策小委員会でも同じことが報告されまし … 続きを読む


消費者行政最先端~消費者基本計画にパブコメをだしました

消費者基本計画は、消費者基本法(参考)(昭和43年法律第78号)第9条の規定に基づき、政府が消費者政策の計画的な推進を図るため、①長期的に講ずべき消費者政策の大綱、②消費者政策の計画的な推進を図るために必要な事項について … 続きを読む


どうなる?電気料金~ 1 2020年4月からの経過措置料金撤廃を知っていますか 監視委員会の議論に注目を!

自由化後2年、電気料金はどうなる?~経過措置撤廃に向けた動きに注目 電力システム改革は、2015年には電力広域的運営推進機関の整備、電力・ガス取引監視等委員会が設立され、2016年4月1日からは小売りの全面自由化が実施さ … 続きを読む


電力の小売り指針のパブコメを提出しました

電力システム改革の一環として、2016年(平成28年)4月1日、第2弾の改正電気事業法が施行され、従来は基本的に特別高圧・高圧部門のみ自由化されていた電気の小売業への参入が、低圧部門を含めて全面自由化されました。 「電力 … 続きを読む


CNJ2018年の活動目標とごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。 昨年は、消費者の被害実態に基づく改善策の提言として、「フッ素洗口」や「ワクチン」の危険性についての訴え、「電気・ガス」の小売全面自由化に伴う消費者の選択権の確保や電気料金や競争政策に … 続きを読む


パブコメ8/26締切迫る!「電気事業法施行規則」等の一部改正に対する意見の募集(託送料金に賠償・廃炉費用省令案)に意見を!

電気事業法施行規則改正のパブコメ募集がされており、2017年8月26日がしめきりとされています。今回の施行規則改正は 託送料に過去分賠償費用と廃炉円滑化負担金の回収等を目的とする改正です。 http://search.e … 続きを読む


電力ガスシステム改革と消費者~電力・ガス小売自由化に関する課題について 

電力ガスシステム改革と消費者:電力・ガス小売自由化に関する課題について~公共料金等専門調査会での議論から 電力・ガスシステム改革はすすんでいるのか 3.11以降、原子力政策見直しと再エネの普及、エネルギー全体の見直しがす … 続きを読む


なんでもかんでも託送料に入れて見えない形で国民負担?~審議の公開と慎重な審議を求める要望書を提出しました

経済産業省が、東京電力福島原第一発電所で起きた事故の賠償や廃炉費用が20兆円を超えるとの試算をしたとの報道されています。電力システム改革を進めていく中で、これらの負担をどうするかについては、さまざまな審議会やWGが作られ … 続きを読む


どうなる?ネガワット取引~パブコメ結果公表とCNJ意見

2015年6月の電気事業法第3弾改正において、需要削減量(ネガワット量)についても発電した電力量と同様に、一般送配電事業者が行う電力量調整供給(インバランス供給)の対象になると位置付けられました。また、2015年11月に … 続きを読む


ネガワット取引に関する要望書を出しました

デマンドレスポンスなどの需要側の取り組みを活用する新しい電力システムに向けた改革が進みむなか、ネガワット取引はその一つの形態として大いに評価できるものです。このネガワット取引の担い手の一つとして、ネガワット事業者の出現が … 続きを読む


カテゴリー

月別記事