消費者のための安全安心情報サイト

学習会「福島原発の現場は今 そして未来は?」福島原発の現状、今後(紹介)

「福島原発の現場は今 そして未来は?」

事故処理の実態は今、どうなっているのでしょうか?

子・孫の世代、さらに幾世紀も続けなければならない放射性物質の管理。多くの労働者を必要とする原子炉の後始末はいつ終わるのでしょう。

あの日から何が起き、いま現場はどうなっているのかを元原子炉設計技術者から、そして今後の廃炉へのプロセスと見通しについて元プラント技術者の方からわかりやすくうかがいます。

「フクシマ」は終わっていないから…。

日時:11月18日(土) 13:00開場 13:30~16:00

会場:アミダステーション(八王子市東町3-4)JR八王子駅/京王八王子駅徒歩5分

講師:後藤 政志さん(元原子炉設計技術者、NPO法人APAST理事長)

~福島第一原発の破壊、原因の究明はどこまで進んでいるのか?放射性物質の閉じ込めは可能か?

   筒井 哲郎 さん(原子力市民委員会規制部会長、元プラント技術者)

 ~廃炉へのロードマップ、長期保存に必要な体制とは? 市民ができることは?

参加費:500円(会員400円)、高校生以下無料、障害のある方は介助者1名無料)

申し込み不要、飛び入り歓迎です。

主催:八王子市民のがっこう「まなび・つなぐ広場」

メール manabi.tsunagu@gmail.com  電話070-5567-0168

フェイスブックのイベントページ https://www.facebook.com/events/128456567794705/

 

 

カテゴリー