消費者のための安全安心情報サイト

11月5日:第37回 日本フッ素研究会 及び全国集会のご案内

第37回日本フッ素研究会及び全国集会のご案内のサムネイル

画像をクリックするとちらし(PDF 226KB)が表示されます。

各地で学校での集団フッ素洗口が始まっています。子どもにフッ素洗口をさせて大丈夫なのか、本当にむし歯予防ができるのかなどの疑問の声も後を絶ちません。今回は、秋庭さんから、フッ化物の効果と血中フッ素濃度及びその危険性についての講演、加藤純二内科医師による子供のむし歯減少をコクランレビューから科学的に分析した結果の講演や、各地からのフッ素洗口に対する取り組みの実践的な報告がされます。

多くのみなさまのご参加をお待ちしています。

第37回 日本フッ素研究会 及び全国集会のご案内

第37回日本フッ素研究会・全国集会は、本年11月5日(日)日本教育会館にて開催する運びとなりました。午前は、秋庭賢司歯科医師による「科学的根拠に乏しいフッ化物のむし歯予防」と題する、フッ化物の効果と血中フッ素濃度及びその危険性についての講演です。午後は加藤純二内科医師による「日本の子どもの虫歯の減少を考える —コクランレビューが明らかにしたこと—」と題する講演をされます。午後は、小学校における集団フッ素塗布の現状(清水央雄歯科医師)および福岡県における学校でのフッ化物洗口事業導入・拡大の阻止についてのとりくみ(木村 成美養護教員部長)の報告があり、その後に質疑応答を予定しています。また当日「フッ素研究」36号を発行します。皆様のご参加をお待ちしています。

日時:2017年11月5日 (日) 10:00~15:00 

場所:日本教育会館(東京 神田一ツ橋:Googleマップ

参加費:2000 (「フッ素研究」36号 1500円+ 会場費 500円)

■ プログラム

午前

  • 10:00-10:15
    開会挨拶 成田 憲一(フッ素研究会会長)
  • 10:15-12:00
    講演「科学的根拠に乏しいフッ化物のむし歯予防」秋庭 賢司

12:00-13:00 昼休み 評議員会

午後

  • 13:00-14:00
    講演「日本の子どものむし歯減少 —コクランレビューが明らかにしたこと」加藤 純二
  • 14:00-14:20
    報告1「小学校における集団フッ素塗布の現状」清水 央雄
  • 14:20-14:40
    報告2「福岡県における学校でのフッ化物洗口事業導入・拡大の阻止についてのとりくみ」木村 成美
  • 14:40-15:00
    質疑と討論

お問い合わせ:秋庭:FAX 042-754-0019 / e-mail zvd03254@nifty.com・杉田:TEL 0532-37-7580・古賀:携帯 090-2470-5256

主催:日本フッ素研究会

共催:フッ素問題全国連絡会 / コンシューマネット・ ジャパン