消費者のための安全安心情報サイト

そのワクチンほんとに必要ですか~講演会をシリーズで開催します!

2017年3月18日、中央大学駿河台記念館で、(社)自由人権協会、NPO海野人権基金、NPOコンシューマネット・ジャパンの共催で、「そのワクチンほんとに必要ですか」を開催しました。参加者は90余名。一般市民の方をはじめ、HPV被害の方、原告団弁護士、マスコミや地方議員、赤ちゃんの予防接種に悩むお母さんなどが参加されました。

5月13日・札幌市「そのワクチンほんとに必要ですか?」(ちらし:PDF 229KB)

制度開始後、過去から現在にいたる予防接種の問題点のなかで、そもそもワクチンは効果があるのか、行政の対応に問題はないのかの問題提起を、疫学的、実務的な問題点を母里啓子さんが、行政や制度の問題を古賀真子が、救済制度の問題を栗原敦さんが話をしました。

過去の予防接種被害訴訟の、中心的な弁護団の河野敬弁護士や、現に問題となっているHPVワクチン禍薬害訴訟の水口真寿美共同代表弁護士、原告団の被害者のお父さんなどに話していただき、最後は海野人権基金の更田弁護士から、基金の由来といのちと健康にかかわる人権問題として予防接種問題の重要性を話していただきました。(詳細は後日報告)

今回の講演会は、2016年3月にコンシューマネット・ジャパンが海野人権基金の支援を得て、「それでも受けますか?予防接種」のブックレットを出版したことがきっかけで実現しました。ブックレットでは伝えきれなかったこと、その後のHPVワクチン薬害訴訟の現状などを踏まえ、今後の予防接種被害の救済のありかたを考える講演会となり、参加者の方からは、予防接種制度や行政の姿勢、制度の社会的な問題が明らかになったとの多くの感想をいただきました。こうした情報をより広く伝えてほしいとの声もいただき、2017年度は各地での学習会開催に積極的に取り組むことにしました。

5月14日・旭川市「知ることからはじめよう」予防接種や予防薬・・・なんか多くないですか?(ちらし:PDF 592KB)

すでに決定している講演会は下記の通りです。

多くの皆さまのご参加をお待ちしています。

5月13日(土)札幌

5月14日(日)旭川

6月24日~26日 道北

7月9日(日)ワクチントーク全国 午後1時~ 日本教育会館

詳細は追ってお知らせします。

 

カテゴリー