消費者のための安全安心情報サイト

もっと知りたいフッ素の話 その8 アメリカ歯科医師会は水道水フッ素化の健康影響研究が必要と言明!

秋庭賢司さんから、2016年7月のFANの最新情報です。

FAN情報(2016年7月13日)で、アメリカ歯科医師会が水道水フッ素化の健康影響研究が必要と言明していたことが明らかとなりました。

http://fluoridealert.org/news/fluoridegate-dental-group-document-surfaces-describes-extensive-water-fluoridation-safety-research-needed/

以下、フロライドゲイト(例:ウオ-タ-ゲイト)スキャンダルを紹介します。

情報公開法により請求した論争となっている文書で、(20116月20日)アメリカ歯科医師会が水道水フッ素化の健康影響の研究を必要としていることが明らかになりました。

フッ素推進派は、スキャンダルとして表出している疑問のフッ素化(0.7ppm)で、腎臓疾患、少数民族(ヒスパニック系など)、糖尿病、高齢者に対する影響の研究が不足していることを認めています(原文添付)。

ada-2011a[1]

 

該当部分は2枚目の2,3です。

 

Fluoridegate: A Freedom of Information Act request has uncovered an explosive document from the American Dental Association (ADA) calling for research on the health effects of drinking fluoridated water. Proponents of fluoridation admit they lack research showing “optimally” fluoridated water is safe for kidney patients, minorities, diabetics, and seniors, as questions swirl in burgeoning scandal. (Learn more)


*2016年フッ素研究会の日程が決まりました。ご予定ください。(後日詳報します)

日時 2016年11月6日(日)

場所: 日本教育会館

開会

午前 講演(90分及び質疑)

10時-12時

フッ素による金属の腐食とインプラント性歯周炎

松井 孝道 歯科医師 (宮崎県開業歯科医師)

12時-1時

昼休み

午後 報告

13時-13時30分

山形県におけるフッ素洗口アンケート調査結果考察

13時30分-14時

熊本県水俣市のフッ素洗口の現状と取り組み

14時-14時30分

鹿児島県霧島市のフッ素洗口の現状と取り組み

中村 満雄  鹿児島県霧島市議会議員

14時30分-15時

質疑、討論