消費者のための安全安心情報サイト

シンポジウム 「試行を終えて 改めて消費者庁等の移転問題を考える」の案内

7月の試行を終え、消費者庁、国民生活センター、消費者委員会の機能を改めて考え、地方移転の影響や問題点を議論する機会として、移転問題を考えるシンポジウムが開催されます。 (主催:日本弁護士会連合会 共催:全国消費者団体連絡会 ほか)

日時  2016年8月8日(月) 18時30分~20時(開場18:15頃を予定)

場所  主婦会館プラザエフ「スズラン」
(千代田区六番町15 JR四ッ谷駅 麹町口から徒歩1分 東京メトロ 四ッ谷駅から徒歩3分)

参加費 無料

参加対象・人数 どなたでもご参加いただけます

内容(予定)

  • 徳島移転試行結果の評価・検討
    鈴木敦士(日弁連消費者問題対策委員会/東京弁護士会)
  • 消費者庁等の地方移転の問題点(日弁連の意見)
    山口廣(日弁連消費者問題対策委員会委員/第二東京弁護士会所属)
  • 国民生活センターの業務の徳島移転の問題点
    野々山宏(日弁連消費者問題対策委員会前委員長/京都弁護士会)
  • 消費者庁移転反対運動の現状と課題
    山﨑省吾(日弁連消費者問題対策委員会副委員長/兵庫県弁護士会)
  • 消費者団体からの意見
    全国消費者団体連絡会、主婦連合会、全国消費生活相談員協会、全国消費者行政ウォッチねっと
  • 国会議員からの発言

申込方法

事前申込不要(当日会場にお越し下さい)

主催 日本弁護士連合会

共催 全国消費者団体連絡会、主婦連合会、全国消費生活相談員協会、全国消費者行政ウォッチねっと

問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL:03-3580-9956 FAX:03-3580-2896

詳しくは http://www.nichibenren.or.jp/event/year/2016/160808.html(日弁連HP)

カテゴリー