消費者のための安全安心情報サイト

女性障害者への強制不妊手術を考える本と集会のご案内

DSC_1644

生殖医療や出生前診断などの優生思想等の問題に長年とりくんでいる利光恵子さん(*)の『戦後日本における女性障害者への強制不妊手術』が出版されました。この小冊子は、立命館大学生存学研究センターが出版した報告書というだされ、生存学研究センター事務局では送料実費で希望者に配布されています。(残部がすくないということですのでお問い合わせください)

http://www.arsvi.com/b2010/1603tk.htm

20016年514日に、この強制不妊手術に関する集会が開催されます。ぜひご参加ください(以下引用)

==================

●集会のお知らせ●

「産むことを奪われた優生手術からの人権回復をめざして-日弁連人権救済申し立てとCEDAW勧告を受けて」

日時:2016年5月14日(土)13:30~16:30

会場:東京都 文京区民センター 2A *(場所は下記に)

主催:優生手術に対する謝罪を求める会/DPI女性障害者ネットワーク/SOSHIREN (わたし)のからだから

日本には1948年から96年まで、「優生上の見地から不良な子孫の出生を防止する」ことを目的とした「優生保護法」があり、障害や病気を理由に、本人の同意を得ない不妊手術(妊娠しないようにする手術=優生手術)が行われていました(1996年に「母体保護法」に改定)。

飯塚淳子さん(仮名)は、16歳のとき何も知らされないまま優生手術の被害者となり、国に謝罪と補償を求めてきました。2015623日には、日本弁護士連合会人権擁護委員会に「人権救済申し立て書」を提出しました。その結論は間もなく出ると思われます。

一方、この集会を共催する3団体の女性たちが、今年(20162月ジュネーブで開かれた国連女性差別撤廃委員会(CEDAW)に参加し、70歳になる飯塚さんをふくめた、強制不妊手術の人権侵害を訴えてきました。その結果、CEDAWは日本政府に対して、優生保護法による強制不妊手術についての調査研究、被害者への法的救済、賠償、権利回復等を勧告したのです。

私たちは、これらの動きを、日本社会が優生保護法に向き合い、被害者の人権回復に取り組む機会にしたいと思います。また、飯塚さんとその背後に数多くいる被害者の救済が、障害がある人の性と生殖に関わる人権を高めること、そして産むか産まないかを個々人が選べる社会へと、つながることを願っています。

皆様のご参加を呼びかけます。

*参加の事前申し込みは不要です。当日直接、会場にお越し下さい。

*聴覚障害等でノートテイクが必要な方、視覚障害があり配布資料を事前にデータで受け取りたい方は、5月6日までに下記の●集会についてお問い合わせ・グループ賛同の連絡先あてにご連絡ください。

*文京区民センター
http://www.city.bunkyo.lg.jp/shisetsu/kumin/shukai/kumincenter.html
113-0033 東京都文京区本郷4-15-14  JR水道橋駅A6出口から徒歩約7
都営地下鉄 春日駅A2出口から徒歩約0分 地下鉄丸ノ内線 後楽園駅6出口から徒歩約3

*この集会への賛同グループ・団体を募ります。趣旨にご賛同の上、宣伝が、お願いしたいことです。

集会お知らせにお名前を掲載させていただきます。

賛同団体(2016427日現在)

日本臨床心理学会/CILたすけっと/グループ生殖医療と差別/障害者生活支援センター・てごーす/ふぇみん婦人民主クラブ/リプロの視点から「女性の健康の包括的支援に関する法律案」を考える会/障害者問題を考える兵庫県連絡会議/NPO法人文福/JDF(日本障害フォーラム)/性と健康を考える女性専門家の会

●集会についてお問い合わせ・グループ賛同の連絡先

優生手術に対する謝罪を求める会 ccprc79@gmail.com

「グループ生殖医療と差別」気付fax:06-6646-3883


*利光恵子さん:
cover103-1
大阪大学薬学部卒業。薬剤師として働くかたわら、旧「優生思想を問うネットワーク」等で活動。50歳で立命館大学大学院先端総合学術研究科に社会人入学し、博士課程修了。

現在、立命館大学生存学研究センター客員研究員、「生殖医療と差別・紙芝居プロジェクト」会員、「女性のための街かど相談室ここ・からサロン」共同代表。

著書に、『受精卵診断と出生前診断 ―― その導入をめぐる争いの現代史』(生活書院2012年)など。