消費者のための安全安心情報サイト

公衆衛生学会-自由集会-「第4回低線量被曝と健康被害を考える集い」(案内)

福島原発事故以来、山口市、津市、宇都宮市で開催してきた自由集会も、本年で4回目となり、 今年は被爆地長崎市が会場です。

福島原発からの甲状腺がん以上多発の現状を医学的見地からまとめた本

福島原発からの甲状腺がん以上多発の現状を医学的見地からまとめた本

–自由集会プログラムNo.35-「第4回低線量被曝と健康被害を考える集い」

http://www.c-linkage.co.jp/jsph74/dl/meeting.pdf

**********************************************

日時:11月5日(木) 19:00~21:00

会場:長崎ブリックホール・2Fリハーサル室
http://www.brickhall.jp/sisetu/training.html

報告1.放射線の人体影響と原発事故による甲状腺がん
-因果論争から説得・対策へ-

津田 敏秀 (岡山大学大学院環境生命科学研究科)

報告2.福島原発事故後の広範な健康被害の増加を考える

林 敬次(はやし小児科・医療問題研究会)

議論:参加者と

************************************************

岡山大学の津田先生は、国際環境疫学会が発行する“Epidemiology(疫学分野のトップジャーナル)”に福島県の小児甲状腺がん多発を疫学的に分析した論文を発表され、本年10月オンライン上で先行公開されて、今話題になっています。小児甲状腺がんの多発は「スクリーニング効果」ではなく、「被ばくによる過剰発生」であると結論づけておられます。

「今や時の人」になられた岡山大学の津田先生に、「もはや多発は揺るがない事実である」。「甲状腺がんの多発に関しては、100mSv閾値論と同様に、もう論争の余地はなくなった」という豊富な科学的根拠。そして、「誤った風説を修正し、まだ納得していない行政の皆さんを説得する段階である。因果関係の有無ばかりを言っている状況を早急に脱して、説得と対策を急ぐべきである。」と言う講演をしていただきます。

そして、参加者と共に、福島原発事故後の広範な健康被害の増加を考えていきます。

今年で4年目を迎える「低線量被曝と健康被害を考える集い」ですが、多くの人々にご参加をいただきながら、公衆衛生医療を担うものとして問題を深める作業を行い、一歩でも解決に向かう活動を行いたいと考えています。ご意見、そして、ご参加いただけることを心より願っています。医療者と共に、一般市民の方もご参加いただけます。

代表世話人:津田 敏秀(岡山大学大学院環境生命科学研究科)

連絡先:「第4回低線量被曝と健康被害を考える集い」実行委員会

FAX 06-6167-8902,takamacchan@ion.ocn.ne.jp

カテゴリー