消費者のための安全安心情報サイト

フッ素洗口の中止を求める要請文を厚労省、熊本県、菊池市に提出しました

各地で広がる、フッ素洗口。2015年11月17日、熊本県菊池市で洗口液が基準の3倍近い濃度で洗口を行ったことが問題となりました。むし歯にフッ素は「無効」です。日本フッ素研究会、フッ素問題連絡会、健康情報センター、CNJは … 記事全文を表示


「小売電気事業における代理店等の情報開示を求める要望書」を提出しました

電力会社が電気の供給全般を独占的に取り扱ってきたこれまでの制度は、2020年ごろまでに発電、送電、小売の3つの部門に分離されて別々に管理・運営されることになります。このうち、私たち消費者が直に接するのは小売部門です。20 … 記事全文を表示


新刊ブックレット それでも受けますか?予防接種~知っておきたい副作用と救済のこと

2015年のワクチントーク全国集会では、子宮頸がんワクチン被害の問題に加え、乳児期に新たに増加したワクチンの同時接種後死亡問題に大きな関心が集まりました。2015年、CNJでは、広島、奈良、北海道、東京、神奈川、静岡など … 記事全文を表示


子宮頸がんワクチンの健康被害の救済促進について(要望書)を出しました

2016年2月22日、MMR被害児を救援する会、ワクチントーク全国、CNJは、なかなか進まない子宮頸がんワクチンの健康被害の救済に関して、厚労大臣あてに救済促進を求まる要望書を提出しました。 2016年2月22日 厚生労 … 記事全文を表示


「小売電気事業者による情報開示の統一性を求める要望書」を提出しました

消費者が電気を選べるようになる電力全面自由化! 「消費者の選択で温暖化も放射能もない未来を選ぼう!」と言いたいところですが── 政府の方針では、電源構成表示の義務化や、電気料金の請求書/領収書などにわかりやすい電源構成の … 記事全文を表示


患者申出療養が2016年4月1日からはじまります

2016年3月4日、混合診療をどこまで解禁するかといった点から議論されてきた、患者申し出制度の概要が発表されました。 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/000 … 記事全文を表示


水俣の人々はフッ素洗口を拒否!フッ素化反対運動をひろげよう

2月13(土)熊本県水俣市で、秋庭賢司さんのフッ素の講演が開かれました。以下秋庭さんの報告です。 約50名が参加され、質疑応答を含めみ90分の講演が行われました。老若男女、市民、地方議員、行政関係者、歯科医師、医療関係者 … 記事全文を表示


「家庭向け電力自由化」なんでも110番 が開催されます

経済産業省電力監視等委員会が、2016年4月にスタートする電力小売自由化において円滑な取引が実施されるべく電力取引に関する消費者の疑問や苦情などを把握するために、電力自由化に関する「駆け込み寺」の設置と「家庭向け電力自由 … 記事全文を表示