消費者のための安全安心情報サイト

EUで内分泌かく乱物質の規制案をめぐる攻防が佳境に

「精子の数が減っている!」というショッキングな報告で、2000年代初めごろに日本でも大きな注目を集めた環境ホルモン(内分泌かく乱物質)。その後、素人には極めてわかりづらいどっちつかずの調査結果が環境省から出たり、この問題 … 記事全文を表示


カテゴリー