消費者のための安全安心情報サイト

消費者庁がPL法の訴訟情報を公表

製造物責任法(product liability law:以下PL法)は,製品の欠陥によって生命,身体又は財産に損害を被ったことを証明した場合に,被害者は製造会社などに対して損害賠償を求めることができる法律です。円滑かつ … 記事全文を表示


公益通報者保護制度ガイドライン改正が公表

2017年3月21日公益通報者保護法を踏まえた国の行政機関の通報対応に関するガイドラインが改正が公表されました。 http://www.caa.go.jp/planning/koueki/gyosei/index.htm … 記事全文を表示


院内集会「今こそ優生手術からの人権回復をめざして 日弁連意見書を生かすために」(紹介)

院内集会のお知らせ 「今こそ優生手術からの人権回復をめざして 日弁連意見書を生かすために」は開催されます。ご参加ください。(以下引用文) 日時:2017年3月28日(火)午前11時~12時15分 会場:参議院議員会館 B … 記事全文を表示


動き出した 消費者被害の集団的回復のための制度強化~消費者裁判特例法等に注目!

消費者被害を救済するための集団的な消費者保護のための制度の創設は消費者運動や消費者相談など被害救済に携わる人の宿願でした。 消費者被害の防止や被害回復に対しては、自治体の消費生活センター等、主に行政によって施策が講じられ … 記事全文を表示


公益通報者保護制度を実効性ある制度に法改正を!

事業者内部からの通報(いわゆる内部告発)を契機として、国民生活の安心や安全を損なうような企業不祥事が相次いで明らかになりました。このため、そうした法令違反行為を労働者が通報した場合、解雇等の不利益な取扱いから保護し、事業 … 記事全文を表示


優生思想(旧優生保護法)に基づく優生手術及び人工妊娠中絶に対する補償等の適切な措置を求める意見書と市民団体の声明がだされました

2017年2月22日、日本弁護士連合会が「旧優生保護法下において実施された優生思想に基づく優生手術及び人工中絶に対する補償等の適切な措置を求める意見書」を公表しました。 http://www.nichibenren.or … 記事全文を表示


葬儀問題は深刻な消費者問題!~葬儀形式、葬儀の依頼先、葬儀に関わる費用、葬儀で困ったことについての学習会の案内

『自分らしい逝き方と後悔しない送り方』シンポジウム開催のご案内 主催:一般財団法人日本消費者協会  (一財)日本消費者協会では、1983年から、葬儀の実態と消費者の葬儀に対する意識を調査する『葬儀についてのアンケート調査 … 記事全文を表示


公益通報者保護制度って何? なぜ改正が必要なの? ~消費者の権利を守るために(学習会案内)

一般財団法人全国婦人会館主催 女性の生活力向上のための教養講座カフェで、「公益通報者保護制度って何? なぜ改正が必要なの?~ 現場から見る課題 ~」の学習会が開催されます。 公益通報者保護法(内部告発者の立場を守る法律) … 記事全文を表示


割賦販売法改正案が成立しました

2016年12月2日、参議院本会議にて、割賦販売法の一部を改正する法律案が採決され、全会一致で可決・成立しました。 割賦販売法が改正されました。詳細は経済産業省HPを参照ください。 以下、経済産業省ホームページ「「割賦販 … 記事全文を表示


成年年齢引き下げは未成年者保護に反しないか

民法の成年年齢を20歳から18歳に引き下げる改正案が、早ければ来年の通常国会に提案される見込みです。実現した場合に若年層の消費者被害が増加することが懸念されます。民法は制限行為能力者として、未成年者保護をしてきました。成 … 記事全文を表示