消費者のための安全安心情報サイト

医療改革にいのちの切り捨てはないか?~いのちを考える講演会・学習会(紹介)

2017年3月4日に、脳死臓器移植問題や尊厳死問題などの問題を法制定前から継続的に考えている市民団体である、臓器移植法を問い直す市民ネットワークが第11回市民講座を開催されます。(以下主催者代表の川見公子さんからの紹介で … 記事全文を表示


第10回市民講座 臓器移植は人類に何を持たらしたか?(紹介)

第10回市民講座 ■講演  山崎 吾郎さん (大阪大学COデザインセンター特任准教授、『臓器移植の人類学-身体の贈与と情動の経済』著者)  ≪臓器移植は人類に何を持たらしたか?―ドナーファミリー、レシピエントへの聞き取り … 記事全文を表示


第9回臓器移植法を問い直す市民ネットワーク講座(案内)

第9回市民講座では、バクバクの会会員のお二人に講演して頂きます。脳死に近い状態と診断されながらも自宅療養生活をはじめ、現在は小学生。お子さんの病気とこれまでの経緯、自宅生活、学校生活・・・。生活や医療の中で感じてきたこと … 記事全文を表示


臓器移植法を問い直す市民ネットワーク結成5周年記念講演会のご案内

改定臓器移植法が施行されて5年が経過し、つい最近も6歳未満児への法的脳死判定と臓器摘出が行われました。 「臓器提供で誰かを救う可能性があることが私たち(親)の希望」と親のコメントが発表されてますが、心臓も動き体も温かい我 … 記事全文を表示


臓器移植法を問い直す市民ネットワーク結成5周年記念講演会

10月25日に開催する講演会&懇親会については、市民ネットワークブログに案内があります。以下紹介します。 http://blog.goo.ne.jp/abdnet/c/3d17376a5428c8dd2a34841788 … 記事全文を表示


院内集会 「優生手術という人権侵害――子どもをもつことを奪われた人々の訴え」

★院内集会のお知らせ★ 「優生手術という人権侵害――子どもをもつことを奪われた人々の訴え」  日時:2015年6月23日火曜 11時~13時 会場:参議院議員会館 101会議室(地下鉄 永田町駅、国会議事堂駅下車) 主催 … 記事全文を表示


脳死下での臓器提供事例に係る検証会議報告が発表

医師の説明で臓器提供47% 脳死移植の家族承諾事例!?  脳死での臓器提供で、本人の提供意思が不明で家族が承諾したケースでは、脳死とされうる状態になり主治医が臓器提供の選択肢を示したのがきっかけになったのが47%、家族が … 記事全文を表示


脳死・臓器移植について考える第8回市民講座 ≪国策と犠牲~医療現場から見える現代医療のゆくえ~≫のご紹介

アメリカでは「脳死は人の死」とされているため、ほとんどが脳死後の臓器提供で、年間8,000人もの臓器提供者がいるとされています。日本では、交通事故や医療事故の被害者、宗教界等の大反対を押し切って、1997年法律104号と … 記事全文を表示


「尊厳死法制化について考える」学習会のご案内

◆第6回 いのちの学習会&関東エリア支部交流会 ◎テーマ: 「尊厳死法制化について考える」 講師:大塚孝司(バクバクの会会長) ◇日時:2015年2月1日 13:30~15:50(13:15受付開始) ◇会場:アカデミー … 記事全文を表示


日本産科婦人科学会あて抗議文の紹介:着床前スクリーニングの臨床研究に問題はないか?

2014年秋から報道されていますが、日本産科婦人科学会では、着床前スクリーニング(PGS)を臨床研究として実施することを承認し、2015年度から開始するとしています。 着床前スクリーニングの医療現場への導入は、遺伝学的な … 記事全文を表示


カテゴリー